2016.04.28

作業療法学科 卒論発表会

4月14日・15日の両日、作業療法学科年生の卒業論文発表会が行われました。本校の卒業論文作成は、少し早いのですが3年生の冬にスタートし、4年生になったこの時期に発表しています。臨床実習で経験したことを基に論文テーマを考え、様々な文献を読み、何度も教員の指導を受けながら作成した成果をいよいよ発表します。  卒論発表会は全37演題。どの発表も興味深いものばかりでしたよ。両日ともに3年生が参加して発表を聞きました。「次は自分たちの番!」真剣に聞いていた3年生からも質問が出て活発な質疑応答になりました。  発表終了後は学生による優秀演題の投票が行われました。学生投票の結果、最優秀発表賞1名、優秀発表賞2名が選ばれ、柿崎学科長より表彰状と記念品が贈呈され、教室は大きな拍手に包まれました。   受賞した学生に、喜びのコメントと感想をもらいました! 最優秀賞 山本さん『「もう学生と話したくない」~A氏の発言から見たOTRの役割~』私のテーマは「自分から見た自分」と「他者から見た自分」について取り上げました。そのため、今回の論文では実習で苦労した事や自分の失敗を振り返る事が中心であったため、何度も実習中の行動を確認しながら進めていく事が大変でした。皆さんが興味を持って聞いてくれて嬉しかったです。卒業論文の経験を次回の実習に繋げていきたいと思います。  優秀賞 野中さん「半側空間無視に対するアプローチ方法について」 私は「皆に勉強になったと思ってもらえるような卒論を作ること」を考えて取り組みました。今回は実習中に体験した治療方法について焦点を当てました。卒業論文を作成する中で、論文のテーマや内容、他者に伝えることを意識して試行錯誤しましたが、このような賞を頂けて嬉しいです。今後に活かして頑張りたいと思います。  優秀賞 三原くん『「慢性期統合失調症者への退院支援」~対象者のデマンドを通して~』私のテーマは「退院支援を進めていく上で、対象者の思いを伺うことの重要性、対象者の思いを伺うために、対象者が伝えやすい一つの手段としての質問紙法の有効性」について、実習を振り返りながらまとめました。その際に、様々な文献を読み、そこから得た知識を理解し、自分の考えとしてまとめることの大変さを学びました。この経験を今後に活かしていきたいと思います。  学生自身が実習での体験を基にテーマ定めて、臨床実習を振り返り、知識や理解を深めていく取り組みは、きっと最後の臨床実習に繋がるはずです 4年生の皆さん、本当にお疲れ様でした 【作業療法学科教員 和田でした】

2016.04.27

2年間で言語聴覚士を目指す。 ~学科説明会のご案内~

 言語聴覚学科 『学科説明会』を開催します。  ドラマでも注目されている医療職「言語聴覚士」に興味がある方、 短期間で医療の国家資格を取得したい方 仕事内容、授業、就職、入試などについて詳しくご説明いたします。 ぜひご参加ください。 【開催日時】 5月15日(日) 11:00~12:30【開催会場】 専門学校北海道リハビリテーション大学校       (所在地:札幌市中央区南3条西1丁目) 申し込みは下記のリンクからどうぞ。http://www.yoshida-g.gr.jp/yac-ocs/st-form/  【お問い合せ】 Facebookもチェック!

2016.04.22

理学療法学科 新入生歓迎会!!

 理学療法学科 新入生歓迎会の様子です  4月6日に新一年生が入学し、3週間が経ちました。まだ学校に慣れずドキドキな毎日を送っている新一年生を歓迎して、2年生が中心となり在校生全員(338名!!)が集まる大イベント、新入生歓迎会が4月14日に行われました。今日はその様子をご覧ください まずは歓迎会のメインMC!!かなりウケてました    明るく元気なスーパー面白い司会者の進行で会は順調に進んでいます。まずは、『口の中身はなんじゃろない?』どこかの番組で聞いたことがあるような…笑 参加者はこんな顔にされます この人たちは確か3年生の○○くんと○○くんなはず!!いつもよりキリッとしてる?? そして、優しく食べさせてもらえます 実は、焼き鳥の缶詰なんですが、あまり美味ではないようです さて、次のゲームは…『どきどきハラハラ万歩計』ルールは、個人が出した万歩計の数をグループで合計し、その点数がそのまま得点になるという一発逆転間違いなしのゲームです。 ひたすら足を体を振るみんな…ご覧ください。動画でないのが残念  最後に順位発表と授与式です    中心となって運営してくれた委員のみなさんと2年生の集合写真です。Good job!, and Thank you so much!!   担当 清水  

2016.04.22

【作業療法学科】 3年生の授業風景(発達障がい作業治療学実習)

 3年生は、発達障がい児の治療手技の一つである感覚統合療法(色々な感覚を入力し、適切な行動を引き出す治療法)について学びました。感覚統合療法の主な対象は、学習症(知的な発達の遅れはありませんが、聞く、話す、読む、書く、計算することが上手くできない、身体を上手に動かすのが苦手、感覚が過敏、落ち着きがない等)、うまく生活がしにくいといわれるお子さんです。  この授業では学習症のお子さんに対して治療遊具を用いて、感覚統合療法を実践することを発表してもらいました。  まずはグループに分かれて、アイデアを出しながらアプローチ方法を考えます。 聴いていると簡単そうに思えるけど、いざ自分たちで考えると難しい~。考えを絞り出し、準備が整ったら、さあ発表だ! 発表者(写真左)、作業療法士役(写真中央)、お子さん役(写真右)に分かれて、実演しながら発表します。 これはお子さんが治療遊具に乗り、作業療法士が遊具を回転させながらお互いの手をタッチしているところです。姿勢の保持や運動、目と手の協調性などを促します。  他にもいろいろな治療を考えてくれました。     発表後、学生から理解を深めるために質問が多数ありました。実際の治療場面を想像しながら疑問点を解決していました。  みんなが考えた感覚統合療法は効果的なものだったと思います。 【3年生から】 治療の目的を考えた上で、遊びを選択して子どもが楽しめるように関わることの難しさを学びました。  臨床の先生が行っていることは、もっともっと奥深いと思いますが、まずは最初の一歩が踏めましたね。  【発達OT実習担当の保科でした】 

2016.04.18

【作業療法学科】新年度がスタートしました

新年度の授業が本格的にスタートしました!!そこで、今回は~年生の授業風景をお伝えします。 まずは、年生年生は国家試験に向けて、国家試験対策授業・グループ学習がスタートしています。     国家試験はまだまだ先ですが、年生はもう熱が入って勉強しています。 次に、年生10月に臨床実習を控えている年生は治療学について勉強しています。      対象者の為に少しでも出来ることは何かを考えており、真剣に授業を聞いていました 年生年次に学んだ“解剖学”“生理学”“運動学”の復習科目です!    しっかりと覚えるために、授業最後には確認テストを実施します。     復習をしっかりとすることで、2年生の授業がより理解できます。 年生4月6日の入学式を終えた翌日の4月7日に早速、新入生研修会が行われました。教員の自己紹介や在学生(4年生)から新入生に向けたメッセージを送りました。      グループワークのテーマは“作業療法士に必要なこと”2日目ですが、話は盛り上がっていました!      4月8日からさっそく授業が開始しています。いよいよ本番ですね      これからの4年間、将来の目標に向かって学生生活を十分楽しもういよいよ、新年度がスタートしました。日々の授業を大切に取り組んで下さい。【作業療法学科教員の和田でした】 次回のオープンキャンパスは4月23日、参加申し込み受付中です!!

吉田学園オープンキャンパス

  • イベント詳細
  • 体験お申し込み

進学相談会

  • Twitterでチェック

学校見学申込み

  • メールで申込む
  • 電話で申込む

メール進学相談

  • メールで相談

閉じる×

twitter

吉田学園とSNSで繋がろう!

  • Twitter
  • LINE

学生会館

専門学校一覧

閉じる