2017.05.15

【作業療法学科】1・3年生が一緒に授業を行いました。

 4月14日に1年生は表現論、3年生は基礎作業学実習Ⅲという科目で授業を行いました      テーマは「面接」です。作業療法士にとって面接は、患者さんを知る手段としてとても重要です。例えば入院中の患者さんに、退院後どんな生活をしたいか希望や目標を伺うことで、より生活に密着した作業療法を行うことができるからです  今回、1年生は「4月の目標」を3年生に伝える体験をしました。3年生は1年生の目標を聴き、具体的な行動目標を一緒に考える支援をしました。 和やかな雰囲気の中、面接していますね。      入学したばかりの1年生は、やりたいことが山積みです! 勉強・部活・アルバイト・好きなアーティストのライブ‥。でも、それらには重要なもの・緊急性が低いもの・達成に時間がかかるものが混じっています。そこで1年生は、年間目標で挙げた様々な目標の中から「4月は何を目標として生活するか?」を明確にするため、3年生に語る体験をしました。  これは、3年生にとっても、貴重な面接練習となります。1年生が安心して語りやすいように相槌を打ちながら、今困っていることや、これからやってみたいことをじっくり聴きます。更に、その目標を達成するためにどうしたらいいかを1年生と一緒に考えました。    面接の重要性を実感できる体験でしたね。   【担当:小熊でした】

2017.05.09

【作業療法学科】3年生 作業療法技術論実習で自助具を作成しました!

こんにちは!GW明けですが、みなさん5月病は大丈夫ですか? さて 作業療法学科3年生は作業療法技術論実習で、自助具を作製しました! 自助具とは障害を持った人が少しでも自立して生活を行うための道具(自らを助ける道具)です。作業療法士は対象者の能力に合わせて、自助具を選択します。この授業では対象者をイメージして、対象者に合った自助具を作製します。どのような自助具を作製するか意見を出し合いながら進めました! 試行錯誤しながら、無事に完成しました! 実際に自助具を“作る” “触れる” ”使う”ことから学びます!     学生の声 高見くん 自助具を実際に作ってみて、患者さんが使いやすい自助具を作ることの難しさを学びました。自助具を作製する上で工夫した点は、材料費を抑えることや簡単に作れることを意識しました!   高見くんが作製した自助具(指先の機能が低下した方でもボタンをかけられる道具) この経験が臨床実習で活かせると良いですね。お疲れさまでした! 作業療法技術論実習では、この後 ①手の装具、②車椅子のシーティングを学んでいきます。 【自助具作成担当の和田でした】   今週13日(土)のオープンキャンパス、作業療法学科の体験ではこの自助具に関する体験が出来ます! 申込みはまだ間に合いますのでコチラから http://www.yoshida-g.gr.jp/yac-oc/

2017.05.02

AO特待エントリー前 ラスト!

  理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を目指す!   3つの学科をもつ、専門学校北海道リハビリテーション大学校のオープンキャンパスが 5月13日(土)12:30~16:00で開催されます♪   6月1日(木)から始まる 「AO特待エントリー」前、ラストのオープンキャンパスなので AOに興味のある方は、このタイミングで確認しに来て下さい!     【無料送迎バス】 旭川・滝川・苫小牧・千歳・恵庭・岩見沢・江別・野幌・帯広 から無料送迎バスが出ています♪ また、送迎バスの無い地域の方は、「交通費の一部補助あります」     【言語聴覚士をご希望の方】 対象は ●4年制大学を卒業した方(卒業見込) ●高度専門士の資格を有する方(卒業見込)         2年制(定員40名)の学科です。     沢山の皆さんの申込みをお待ちしています!

2017.05.01

【作業療法学科】4年生の卒業研究発表会!

 4月18日・19日の2日間、4年生は卒業研究発表会に臨みました! 研究スタートは3年生の1月。 それから約3ヶ月間、担当教員のアドバイスや指導を受けながら、初めての研究作業に取り組んできました。 苦労を重ねた成果発表がいよいよです!   本学科では、3年次の臨床実習での経験を振り返ってテーマを定め進めていくというスタイルをとっています。   実習時には十分理解できなかったこと、疑問や興味をもったこと、うまくできなかった…と思ったこと、学生ひとりひとりに想いがあります。   途中、3年生の聴講もまじえながら、発表は進みます。   質疑応答も活発になされて、なかなかホットな時間になりました。   全発表を終えて、学生が選ぶ優秀発表の投票と表彰!! 最優秀発表賞 佐々木 大河くん   「大丈夫、辛くない」          心不全患者の基本動作疲労度について     優秀発表賞 前田 二千翔くん    アルツハイマー型認知症患者に対する             不安を軽減するためのアプローチ方法     優秀発表賞 八重崎 祥太くん   「歯磨きの時間を短くしたい」OTSの           ADL指導を認知行動療法を用いて再考する 優秀賞者の声 前田くん(写真左):論文作成は思っていたよりも大変で苦労の連続でしたが、優秀賞を頂くことができて、とても嬉しいです。   佐々木くん(写真中央):論文作成にあたり、テーマに合った文献を探すことや考察していくことが大変でした。発表会を通して、自らの疑問や患者さんとの関わり方についてクラスメートと共有することができて、とても嬉しかったです。   八重崎くん(写真右):論文を書くことに慣れず、何度も書き直しました。その分、優秀賞を頂けた喜びも大きいです。   前田くん、佐々木くん、八重崎くん おめでとう!!頑張った甲斐がありましたね。 4年生のみんな、長期間の論文作成と発表準備お疲れさまでした! 経験したことは必ず次の臨床実習でも活かせるはずです! (4年生担任の目黒でした)   次回のオープンキャンパスは 5月13日(土)12:30~16:00 AO特待入試、エントリー前最後のオープンキャンパスです! AO特待について詳しく知りたい方は、ご参加くださーい! 申込みはコチラから↓↓↓

2017.04.24

【作業療法学科】3年生は感覚統合療法を学びました(発達障がい作業治療学実習)

 感覚統合療法は作業療法士であるエアーズ博士が考えた治療理論です。発達障がいをもつお子さんに、様々な感覚を入力し発達を促していくという治療法です。主に、読む、書く、運動がぎこちない、感覚が過敏、落ち着きがない等がみられる学習症のお子さんに用いられます。今回、この治療理論について学び、訓練方法を考え実践してみました。    普段意識していませんが、私たちは色々な感覚を感じながら生活していることに気付きました。 それを遊びと合体させて治療的に利用するのには、ずいぶん頭を絞りましたね。  治療について初歩を学ぶことができたと思います。   【発達OT実習担当の保科でした】   今年、道内大学・専門学校で唯一3年連続100%の国家資格合格を達成した、道リハの作業療法学科のAO特待エントリーが6月1日より始まります! まだ、体験したことのないリハビリ職を目指す皆さんの参加を5月13日(土)オープンキャンパスでお待ちしています♪ 申込みはコチラから↑↑↑

吉田学園オープンキャンパス

  • イベント詳細
  • 体験お申し込み

進学相談会

  • Twitterでチェック

学校見学申込み

  • メールで申込む
  • 電話で申込む

メール進学相談

  • メールで相談

閉じる×

twitter

吉田学園とSNSで繋がろう!

  • Twitter

学生会館

専門学校一覧

閉じる