学校概要

理学療法士・作業療法士の専門学校として、プロフェッショナルを
育成するための教育理念・方針をもとに歩んでいます。

専門学校北海道リハビリテーション大学校 > 学校概要


学科の特徴(平成29年3月卒業生実績)

 

理学療法学科

毎年全国平均を上回る安定した高い国家試験合格実績と就職実績!

国家試験合格率100%(全国平均90.3%)
本学科は30名に1人の担任がつく2クラス制で、担任が一人ひとりの学生としっかりと向き合います。また、充実した学習環境を整え、合同授業やプレ実習など、安心して実習に臨むことができます。さらに、4年次の臨床実習が 8月末で終了するため、他校より早期に国家試験対策、就職活動ができることが大きな魅力。これにより毎年安定した高い合格率と就職実績(開校以来18年連続100%)を達成しています。

作業療法学科

国家試験合格率 

3年連続100%達成!!(全国平均83.7%)
本学科の特徴は、国家試験合格に向けた万全の取り組み。その結果として、平成29年3月卒業生の国家試験合格率も、全員受験の全員合格!また、就職に対しても高い実績を誇り、開校以来18年連続就職率100%を達成。作業療法士を目指す環境が充実しています。

 

言語聴覚学科 (3年制)(修業年限変更申請中 2019年4月予定)

2019年4月から、3年制の新体制でスタート
北海道リハは理学療法学科、作業療法学科、言語聴覚学科の3学科体制。在学中から理学療法や作業療法の視点や技術を目にする機会に恵まれ、チーム医療の基本が身につきます。10年以上の臨床経験を持つ専任教員が指導しますので、実際に働く臨床現場に近い教育を受けることができ、就職後の実践力が養われます。また、姉妹校には、医療、福祉・教育の専門家を目指す学科が多数あり、活発な情報交換が行われています。

豊かな人間性を育む。それが、私たちが目指すセラピストへの第一歩です。

現在の医療現場では医師だけではなく、数多くの医療技術者が連携・協力し、専門的観点から患者さまの立場に立つ「チーム医療・チームアプローチ」を展開しています。「理学療法士」、「作業療法士」、「言語聴覚士」もこのような専門職のひとつです。リハビリテーションという言葉が持つ本当の意味を学びながら、患者さまの立場に立って、身体機能・精神機能の回復を支えられる実践力を磨きます。

幅広い視点を持った、リハビリ業界のスペシャリストを育成します。

実習PICKUP

理学療法学科

トレーニング実習

理学療法評価法実習

対象者の身体機能や能力を把握するための検査・測定について学びます。理学療法士には必須の技術で、実際に学生同士で測定を行い正確に測定する実践力を身につけます。

トレーナー実習

物理療法実習

現場で必須の物理療法。物理療法や温熱療法のしくみから、ホットパック、パラフィン浴、低周波療法、牽引療法などを講義&実習で学びます。

スイミング実習

日常生活活動実習

食事・更衣・排泄などの日常生活活動(ADL)をサポートできるよう、障がいの模擬体験から対応を考えます。

作業療法学科

プロスポーツチームと提携

作業療法評価法実習

実際に臨床で用いられている数々の評価方法を学びます。検査の方法だけでなく、目的や結果が意味することへの理解を深めながら学びます。

高校や大学、実業団で実習体験

身体障害作業治療学実習

どうすれば、身体機能を改善することができるのか、さまざまな身体障がいに対する治療的関わりの方法を学び、治療プログラム立案と実施ができるよう学習します。

インターンシップ

精神障害作業治療学実習

認知行動療法とは?ケアマネジメントとは?など、精神科作業療法で用いられる治療理論についての講義・演習を行います。

ごあいさつ

セラピストを目指すみなさんに、心に留めてほしいことは「医療人である前に人であれ」ということ。人間性(Humanity)を磨き、成長し続けてこそ、病気や障がいと闘い続ける人々や家族の痛みを理解し、支えることができるのです。そして、「医療人自ら医療差別を作ってはならない」ということ。日進月歩で進歩する医療現場では、新しい知識や技術(Science)を学ぶ姿勢によって、サービスの質に違いが生じます。今、需要が高いセラピストにも、近い将来必ず供給が上回る時代がやってきます。その時こそHumanityとScienceの質が問われるのです。よく学び、たくさんの友人と信頼関係を作って、HumanityとScienceを兼ね備えたセラピストを目指してください。

当校の理念

Humanity and Science

知識や技術を習得するだけではなく、真摯な姿勢でリハビリテーションに取り組む、 人間性豊かなセラピストを育成します。


教育方針

本校は、医療技術に関する知識及び技術を教授するとともに、豊かな教養と人格を備えた有能な医療技術者を養成し、よって社会に貢献しうる人財を育成することを目的とする。
(学則 第1条 目的)
この目的を達成するため各学科共通のディプロマ・ポリシー(卒業認定、高度専門士授与の方針)を定める。

(1)本校の教育理念である、「Humanity and Science」に基づいた高邁な精神と高い倫理観、保健医療福祉の専門職としての豊かな教養と人格を身につけている。
(2)保健医療福祉の専門職に求められる基本的な知識・技術を体系的に理解・修得し、科学的思考ができる。
(3)様々な立場や意見を尊重しながら、自らの意見を伝達し、相互理解を得るコミュニケーション力を身につけている。
(4)自ら課題を見つけ、解決に向けて専門分野の知識・技術を活用し、主体的に取り組む探求心と自己研鑽力を身につけている。
(5)対象者のことを第一に考え、生活行為向上に向けて、真摯に取り組む姿勢を身につけている。
(6)保健医療福祉領域において自らの専門性を自覚し、多職種と連携・協働して、その責務を果たすことができる。
(7)保健医療福祉に関する地域社会及び社会全体のニーズを捉え、専門職として貢献できる。

  • 4年制[理学療法学科]

    理学療法士としての専門知識と技能を備えるとともに、リハビリの現場で求められる豊かな人間性やコミュニケーション能力を持った人財の育成をめざしています。

    4年制[理学療法学科]

  • 1.陸井 きよ江先生(内部障害分野)「人生の先輩たちを労ることができる職種。」 2.竹中 謙将先生(神経障害分野)「熱意と情熱でいろんな壁を乗り越えよう!」 3.浜本 浩一先生(理学療法基礎分野)「使う知識に責任を負える理学療法士を育てます。」 4.武田 祐貴先生(神経障害分野)「社会に貢献できる仕事です。」 5.清水 幸恵先生(内部障害分野)「理学療法士を目指すには、楽しいことも大変なこともありますが、ここで一緒に頑張りましょう!」 6.津田 章代先生(神経障害分野)「資格取得には多くの勉強と努力が必要!」 7.吉田 香織先生(理学療法基礎分野)「元気と根気と思いやりのある方!理学療法士を目指そう!」 8.梅本 かほり先生(理学療法基礎分野)「人のために努力できることが大事。」 9.江戸 香苗先生(運動器障害分野)「大変な分だけ、やりがいのある仕事!患者さんのために、一緒に頑張りましょう。」

    ※(  )内は先生の専門分野です。

  • 4年制[作業療法学科]

    現場ニーズに応える人間性の育成にも力を注ぎつつ、実習を豊富に取り入れた実践的なカリキュラムと、国家試験を見据えた教育システムを展開しています。

    4年制[作業療法学科]

  • 1.保科 和正先生(身体障害分野)「本校で共に学んでいけることを楽しみにしています!」 2.和田 英峰先生(身体障害分野)「道リハの卒業生です。ここで作業療法の奥深さを学びました!」 3.目黒 文彦先生(身体障害分野)「相手の立場になって考えられる作業療法士を目指しましょう!」 4.柿崎 貴浩先生(精神障害分野)「共に学び、共に考え、共に前に進んでみませんか?」 5.小熊 真喜子先生(精神障害分野)「一生打ち込める仕事をしたい方、一緒に学びましょう。」 6.工藤 洋平先生(精神障害分野)「人と関わる仕事なのでやりがいがあり、自分の成長にもつながります。」

    ※(  )内は先生の専門分野です。

  • 3年制 修業年限変更申請中(2019年4月予定)[言語聴覚学科]

    人が豊かに生きるために欠かすことのできない「話す、聴く、食べる」を支える言語聴覚士。経験豊富な教師陣が患者に信頼されるセラピストへと導きます。

    3年制言語聴覚学科]

  • 1.岡﨑 聡子先生(聴覚・音声障害 など)「未来がどうなってもロボットにはできない仕事です。あなたが求められています。」2.小屋 雄二先生(発達障害や吃音などの 小児分野 など)「元気に前向きに。努力が報われる。共に学びましょう。」3.小髙 由貴先生(失語症、高次脳機能、 摂食嚥下 など)「幅広い知識と経験を身につけ、求められる言語聴覚士を目指そう!」4.阿部 由美先生(構音障害 など)「毎朝、早く仕事に行きたい!!と思える職業です!」

    ※(  )内は先生の専門分野です。

吉田学園オープンキャンパス

  • イベント詳細
  • 体験お申し込み

進学相談会

  • Twitterでチェック

学校見学申込み

  • メールで申込む
  • 電話で申込む

メール進学相談

  • メールで相談

閉じる×

専門学校一覧

閉じる

北海道リハビリテーション大学校を詳しく知ろう!