ニュース

専門学校北海道リハビリテーション大学校 > ニュース > お知らせ > 【作業療法学科】OT技術論実習(3年生)にてスプリントを作りました!

吉田学園全校で行うイベントや最新の専門学校ニュースなど、毎日のキャンパスライフを紹介しています!在校生向けのニュースはもちろん、進学希望者向け説明会やオープンキャンパスなどの情報も発信していますので、お見逃しなく!

2016
08.26

【作業療法学科】OT技術論実習(3年生)にてスプリントを作りました!

 作業療法学科3年生は「作業療法技術論実習」という科目でスプリント(装具)を作りました。スプリントとは、低下したり、失われたりした身体機能を補うために装着するものです。

 既製品の装具もありますが、個々の患者さんの身体の状態に合わせた装具が必要なときには、作業療法士は装具を作ることもします。

 今回、作っているのは「コックアップスプリント」といって、手の神経の麻痺により手首を持ち上げることが難しくなった患者さんに用いる装具です。

 授業では、手のスプリント製作を通して、装具を作る際の基本を勉強します。

 

 まずは手の型取りです。お互いに作り合います。真剣に作っています。

 DSCN0751[1]

 

 もともとは硬い素材なのですが、お湯に入れて温めると60℃ぐらいでやわらかくなります。

 

DSCN0773[1]

 

 再度、お湯で温めて素材がやわらかくなった状態で作ります。初めての体験なので、クラスメイト同士、周りと確認しながら作っています。

 DSCN0784[1]

 

DSCN0794[1]

 

DSCN0792[1] 

 

 細かい部分の修正をします。まもなく完成です。

 DSCN0823[1]

 

DSCN0819[1]

 

 固定用のストラップをつけて出来上がりです。

 DSCN0957[1]

 

DSCN0950[1]

 

 

 最後に、出来上がったスプリントが適切に作られているのかをチェックします。皮膚が赤くなっていないか、痛みがないかなどを確認します。出来栄えはどうかな!!

 DSCN0971[1]

 

【三年生から】

 DSCN0943[1]

 

 今回の授業を通して、その人が一番使いやすい装具を作ることの難しさを実感しました。今後に向けて、さらに知識や技術を磨きたいと思います。

 

 3年生の皆さん、今回のスプリント製作を通して、またひとつ技術が向上しましたね!!

 

 

 20年の実績と信頼!

 道リハでは、明日(8月27日)オープンキャンパスがありますよー

 

 申込みはまだ間に合います!

 当日参加もOKです。お待ちしております!

 詳しい情報や、お申し込みはコチラカラ

 ↓

 オープンキャンパス

 たくさんのご参加、お待ちしております!

 

 

【スプリント製作担当の保科でした】

 

 

 

吉田学園オープンキャンパス

  • イベント詳細
  • 体験お申し込み

進学相談会

  • Twitterでチェック

学校見学申込み

  • メールで申込む
  • 電話で申込む

メール進学相談

  • メールで相談

閉じる×

専門学校一覧

閉じる

北海道リハビリテーション大学校を詳しく知ろう!